<h1>最新NEWS</h1>

【更新情報カテゴリーアーカイブ】| しゃべり場 | 健康相談 | その他 |


代表が「さよなら原発で」アピールしたメッセージ

 

2018 さよなら原発!全国集会 2018/03/21

 

 みなさん、こんにちは。私は原発事故被害者団体連絡会ひだんれんにつながる子ども脱被ばく裁判の会共同代表、片岡輝美と申します。本日は、原発事故裁判に係わる者、福島県に住む者の立場からアピールをいたします。

 先週、京都地裁と東京地裁において原発事故被害者集団訴訟判決が出ました。昨年3月の前橋地裁判決、10月の福島地裁生業訴訟判決、そして先週の二つの判決が国と東電の責任を認めたのです。一つ一つの判決が積み重なり、司法の世界も変えていく流れを生み出し、安心して生きる権利の回復に少しずつ近づいている希望を私たちは胸を熱くしながら実感しています。

 私が住む会津地方は原発事故直後から「線量の低い会津地方」とされ、反核運動で著名な方にも直接「会津は大丈夫でしょう」と言われたことがあります。しかし、私たちの測定でも土壌の汚染や運動着運動靴に付着したセシウムは確認されています。確実に放射能汚染がありながら、これまで、原発事故子ども被災者支援法を始め様々な支援対象からも外された会津地方です。そこからの自主避難者も、京都訴訟において賠償の対象と認められたことが私は本当に嬉しいのです。しかし、その一方で訴えが棄却され、苦しみに全く見合わない賠償金額に大きな悔しさを味わっている原告もおられます。

 それぞれの裁判の原告、弁護団、支援者のみなさん、この判決に至るまでのご苦労とお働きに心から敬意と感謝を申しあげます。私たちはこれからも、今後起こされる控訴や現在審理中の各地の裁判に加わり、国と東電の責任を決定的なものにしていきましょう。

 20148月末福島地裁に提訴された子ども脱被ばく裁判は「子ども人権裁判」と「親子裁判」の二つから成り立っています。子ども人権裁判の原告は福島県内に住む小学生と中学生20名です。彼ら彼女らは、自分たちが住む市と町を被告とし、安全な地域で教育を受ける権利の確認を求めています。しかし、被告側は「児童生徒は、自治体に対して何らかの措置を求める権利はない。また低線量被ばくによる健康リスクの科学的見解が一致していない状況において、自治体が何らかの措置を取る義務はない」と主張しています。

 また、もうひとつの親子裁判の原告150名は、福島原発事故が起きても国や県が適切な被ばく回避措置を講じなかったため、子どもが無用な被ばくを強いられたとして国や県に対して原告ひとり10万円の損害賠償を求め、スピーディなどの情報隠蔽や安定ヨウ素剤が配られなかったこと、文科省20ミリシーベルト通達によって学校が再開された問題、山下俊一氏らの安全宣伝問題などを争点としています。さらに、低線量被ばくと内部被ばくのリスクを大きな争点の柱として裁判は進んでいます。つまりこの裁判は、福島原発事故後の放射線防護対策の是非を真正面から問う裁判であり、被ばくによる健康被害が損害なのではなく、「無用な被ばくそのものが損害である」と捉える初めての裁判なのです。ご想像の通り、見えないものを損害やリスクとして争点とすることは困難が伴います。しかし、先週の東京訴訟判決で低線量被ばくのLNTモデルを合理性があると認められたことを追い風にして、低線量被ばくと内部被ばくのリスクを裁判で認めさせることで、原告のいのちや健康、権利が守られるだけでなく、福島県内や放射能汚染がある地域に住む子どもや人々のいのちや権利も守られることになると、私たちは信じています。

 これまで開かれた13回の公判には、県内や関東関西から支援者約60名が集まり裁判を傍聴しています。毎回行われる意見陳述で訴える親たちの手は震えています。それは緊張からくる震えではなく、湧き上がる怒りを必死で押さえている震えです。「今でも放射能を怖がっているのかと言われるが、親が我が子の心配をして何が悪い」と父親が訴えます。「野球に打ち込む時の息子が最も輝いており、彼を応援する自分も幸せを感じる。しかし、試合中に舞い上がる砂埃を見ると、吸い込んだセシウムボールが内部被ばくを起こし、息子の健康を蝕むのではないかとの不安が募る。だからこそ土壌汚染の測定をしてほしい」と母親が訴えるのです。

 昨年8月、第11回裁判には、母親に抱かれた幼子や夏休みで避難先から自宅に戻っている小学生から高校生たち7名が原告席に座り、真向かいに座る被告代理人約20名を見つめていました。彼ら彼女らの視線を正視できる被告代理人はいなかったと思います。正にその光景は圧巻でした。しかし、それは同時に子ども達を原告席に座らせるような現実を私たち大人が作り、子ども達に保障されていた安心して暮らす権利を奪ってしまった証拠でもありました。

 2015年夏から昨年の3月末まで、ひだんれんは区域外避難者の住宅無償提供の打ち切りを阻止すべく、福島県との交渉を重ねてきました。担当者は、住宅支援を打ち切り帰還政策を進める理由として、除染が進んだことや食の安全が確認されたことなどを上げていましたが、最後には必ず「原発事故が起きても、変わらず福島県に住み続けている県民がいるのです」と付け加えていました。私はその言葉を聴く度に「冗談じゃない、私を勝手に福島県にとって都合の良い県民にするな!」と、怒りに震えていました。

 2011311日以前から一般住民を放射能被ばくから守るための原子力防災法、緊急時環境放射線モニタリング指針、そして、放射能の拡散予想データを出すスピーディがあったにもかかわらず、国や福島県、東電はそれらを機能させず自分たちにとって都合の悪いことは隠蔽し、無用な被ばくを私たちに強いたのです。それなのに、この7年の間、自分たちの都合の良いように私たち福島県民を利用している。  

 内堀県知事は、住宅支援を継続してほしいと訴える福島県民には面会しないで、復興を加速させる県民を笑顔で迎える。福島県民の総意として何度も福島第二原発の即時廃炉を求めているのに、東電は答えを引き延ばし、安倍首相は企業が決める判断として責任を逃れ、原発の再稼働や海外輸出を進める。いったいこの不誠実な態度のどこが被災者や県民ひとり一人に寄り添っているのでしょうか。

 そして今、広がりつつある新たな福島安全論は「反原発・被ばく容認」の立場を取っています。原発は反対、でもこのくらいの被ばくは問題ないとして、福島県に住む人々に安心を説き、今でも放射能に不安を感じる人々には、自分たちが解明した正しい科学的知識が必要だと言います。

 しかし、私たちは無知で臆病だから不安を感じるのではない。私たちの中の警報装置が、生命が危険にさらされるかもしれないと、あの爆発と同時に鳴り始めたのです。原子炉内にあるべき放射性物質が爆発によって飛び出した事実に不安を感じるのも、事故前には存在しなかった汚染が確認される地域で子育てする時、心配でならないのも当たり前の反応なのです。そして、警報装置が鳴り止まないのは、放射能測定を重ねて分かってきた事実があり、この国の政権や東電、福島県が自らの責任を認めず、原発事故被害者に誠意を持って向き合うことなく、その人々の生命や権利を蔑ろにし続けているからです。

 この7年で気づいたことがあります。それは、私たちには事実を知る力、真実を見抜く力、そして本当に重要なことを見分ける力が秘められているということ。その力をフルに使って、共に声を上げ続けましょう。自分が生きる場所で、その場所だからできることに真摯に取り組んできましょう。もはや、私たちは、権力を持つ者にとって都合の良い無力な市民ではないのですから。

2018321日 さよなら原発全国集会 

子ども脱被ばく裁判の会共同代表 片岡輝美

 

こどけん通信vol.4]代表のインタビュー記事

 

こどもたちの健康と未来をまもる情報マガジン「こどけん通信vol.4」に片岡輝美代表のインタビュー記事が掲載されています。

原発事故後に設立した「会津放射能情報センター」の経緯や、この6年間の出来事とそれを通して見えてきた自治体や国の在り様を代表自らの言葉で語っています。

左画面をクリックするとPDFデータがダウンロードできるサイトに飛びます。

大好評のうちに終了しました。

ありがとうございました。

 

お寄せいただきました献金は、会員が保養に利用している「にいがたはうす」運営のために新潟教会様に送金いたしました。

 

ロビン・デュプイ “チェロライブ vol.4

 

 

<日時>2017929日(金)

      開場600 開演630 終演800

<場所>若松栄町教会(葵高校前)

 

 

ロビン・デュプイ チェロコンサート vol.3感謝報告

 

20161112日(土)若松栄町教会にて開催いたしました

「ロビン・デュプイ チェロコンサート(無料)」には沢山の方が足をお運びくださいました。美しく繊細なチェロの音色とロビンさんの福島へ寄せる温かい想いに包まれたハートフルなひと時は多くの感動を与えてくれました。

その際の「3.11甲状腺がん家族の会」に寄せられましたカンパ33,748円は、11月16日にセンターより送金させていただきました。

温かいご支援ありがとうございました。

代表のインタビュー掲載記事最終回です

地元会津のフリーペーパーMon’Doに4回にわたって掲載されたインタビュー記事です。

最終回となります。

 

写真記事をクリックするとPDFデータにリンクされていますので、ダウンロードできます。

代表のインタビュー記事が掲載されました No3

センター代表片岡輝美のインタビュー記事が地元のフリーペーパーMon`Do(モンドゥ)掲載されました。

Mon`Do(モンドゥ)は会津で広く親しまれており、このインタビュー記事は4回にわたって掲載されました。

今回は3回目です。

 

この記事はPDFファイルでダウンロードもできます。

記事の写真をクリックすると「メディア情報」に飛びますので、必要な場合はダウンロードしてください。

本のご紹介

本の紹介です。

 

「福島原発事故漂流する自主避難者たち(実態調査からみた課題と社会支援のあり方)」。

戸田典樹編著。赤石書店。税別2,400円。

 

------------------------------------

 

避難指示地域以外の地域から避難している「自主避難者」たちは支援の対象外とされ、唯一の支援策である仮設住宅の無償提供も20173月末に打ち切りが決定されています。

 

 大切なわが子の健康被害を危惧しての行動が世間からの冷たい視線にさらされ、また様々な生活上の困難を抱えている現状があります。

このような状況を「まるで自主避難者たちが遭難した船から希望の光を追い求めて大海に漂流している家族のように思えた。いまだ落ち着き生活する場を見つけられない、原発事故に人生を大きく変えられた人たちがここ存在する。」(本著抜粋)とし、自主避難者たちの実態調査をして今或る課題と支援のあり方を模索し、改めて社会的支援の必要性を訴えることにこの本の目的はあります。

 

会津放射能情報センターの会員もインタビューに協力しています。

ご興味のおある方はセンターまでお申し込み下さい。

 

送料込みで2,400円(数量限定)でお送りいたします。

 

 

親子で聞くおしどりマコケンの「福島原発事故取材報告」in会津若松

東電や政府の記者会見でのするどいツッコミでおなじみ、
おしどりマコさんケンさんが福島県にやってきます。
私たちが本当に知りたいあれやこれやを伺います。

14日(土)会津若松、15日(日)郡山の二会場で開催されます。

ぜひ足をお運びください。

詳しくはポスターをご覧下さい。
<会津若松会場>
5月14日(土) 若松栄町教会 会津若松市西栄町8-36

■タイムテーブル
13:30~13:50 あいさつと主催団体活動紹介
13:50~15:20 トーク&報告
15:20~16:00 しゃべり場withマコさんケンさん

■定員80名 参加費無料

■申し込み
件名を「おしどりマコさんケンさん学習会」として、
・希望会場・参加者氏名・連絡先メールアドレスと電話番号を記入の上、
下記アドレスにメールでお申し込みください。5/10(火)〆切
kodomo2015-info@oregano.ocn.ne.jp

■近隣の有料駐車場をご利用ください。

共催:子ども脱被ばく裁判の会/会津放射能情報センター
後援:子どもたちの健康と未来を守るプロジェクト・郡山

続きを読む

代表のインタビュー記事が掲載されました

センター代表片岡輝美のインタビュー記事が地元のフリーペーパーMon`Do(モンドゥ)掲載されました。

Mon`Do(モンドゥ)は会津で広く親しまれており、このインタビュー記事は2号にわたって掲載されました。

 

この記事はPDFファイルでダウンロードもできます。

記事の写真をクリックすると「メディア情報」に飛びますので、必要な場合はダウンロードしてください。

 

続きを読む

熊本地震被災お見舞い

2016418        

 

熊本地震により被災されたみなさまへ

 

 この度の熊本地震により、被災された皆さまに心からお見舞い申しあげます。また、大切なご家族やご友人を失い、深い悲しみにある皆さまには、心からのお悔やみを申しあげます。

 いつ止むとも知れない余震の恐ろしさ、突然、住まいや地域が壊滅された絶望感など、心も身体も限界に達していることと存じます。また、東京電力福島第一原子力発電所事故による放射能被害から逃れ、九州で新しい生活を築きつつある皆さまには、再びの被災で心が折れる思いでいらっしゃることでしょう。 

皆さまの生命が、この時も守られますように、心からお祈りしています。

 私たちは、この地震により危機的な状況に陥りかねない九州電力川内原子力発電所の即時停止、玄海原子力発電所や四国電力伊方原子力発電所のあらゆる情報開示を関係機関に求め、抗議・署名運動に連帯しております。九州は、私たちにとって安心な野菜の生産地であり、子どもたちの保養先でもあります。フクシマに生きる者として、九州を第2のフクシマにしてはならないことを、要請、発信し続けていきます。

 東日本大震災以降、私たちは九州の皆さまから温かいご支援を継続的に頂戴してきました。そのご厚意に感謝し、これから私たちが為すべき支援をしていきたいと願っております。

                                     会津放射能情報センター 一同

 

<センターの支援活動の一端>

 

 

今週土曜日しゃべり場です。

健康や日々の暮らしについて自由におしゃべりする会です。

4月23日(土)13時から14時30分まで。

お茶を片手に語り合いましょう♪


4月の主な予定です。

 

 

・しゃべり場※申込不要
4月14日(木)10時~11時半
4月23日(土)13時~14時半

・個別健康相談会※予約制
4月23日(土)15時~17時(1回50分程度)

 

お気軽にお問い合わせください^^

続きを読む

14日、しゃべり場

しゃべり場のお知らせ(^^)です!
久々の更新となりました~。
ブログ更新無くてもセンターは日々動いてますです。😊
さて
「4月のしゃべり場のお知らせです」
来週の14日(木)10時から11時半に開かれます。
ホットスポットファインダーの勉強会のご報告などもできるかと思います。
春の良き時にお茶を皆さんとご一緒できたらと思います。
ぜひ足をお運びください!
センタースタッフ一同
続きを読む

新しいホームページを現在製作中です。

テストを兼ねてのブログ更新です。
現在、新しいホームページの制作を進めています。

製作中でもページ自体は公開されていますので全ページ閲覧できます。

なにぶん途中ですのでお見苦しい点は多々あるとは思いますがどうかご容赦ください。

本来、ここ「最新NEWS」ページに情報を更新していきますが完成までの間はサイト内の

公式ブログページやFACEBOOKページのチェックをお願いいたします。

 

しばしご不便をお掛けしますがよろしくお願いいたします。

続きを読む

【更新情報カテゴリーアーカイブ】| しゃべり場 | 健康相談 | その他 |