本のご紹介

本の紹介です。

 

「福島原発事故漂流する自主避難者たち(実態調査からみた課題と社会支援のあり方)」。

戸田典樹編著。赤石書店。税別2,400円。

 

------------------------------------

 

避難指示地域以外の地域から避難している「自主避難者」たちは支援の対象外とされ、唯一の支援策である仮設住宅の無償提供も20173月末に打ち切りが決定されています。

 

 大切なわが子の健康被害を危惧しての行動が世間からの冷たい視線にさらされ、また様々な生活上の困難を抱えている現状があります。

このような状況を「まるで自主避難者たちが遭難した船から希望の光を追い求めて大海に漂流している家族のように思えた。いまだ落ち着き生活する場を見つけられない、原発事故に人生を大きく変えられた人たちがここ存在する。」(本著抜粋)とし、自主避難者たちの実態調査をして今或る課題と支援のあり方を模索し、改めて社会的支援の必要性を訴えることにこの本の目的はあります。

 

会津放射能情報センターの会員もインタビューに協力しています。

ご興味のおある方はセンターまでお申し込み下さい。

 

送料込みで2,400円(数量限定)でお送りいたします。